オフィスレイアウトが洗練される簡単な事例

日々の生活の中で大半の時間を過ごしているオフィスですが、集中しなくてはいけない場所なのに、なんだか雑然としている、落ち着かないとお困りの方もいるのではないでしょうか。オフィス環境は気分の問題だけでなく、作業効率にも大きく影響してきます。しかしオフィスレイアウトを全体的に、一から全て変えるとなると大変な作業ですしコストもかかってしまいますよね。そこで簡単な事例として、片付けのルールを徹底するという方法があります。子供じゃあるまいし…と思うかもしれませんが、実はこれがとても大事です。例えばファイルの背に一つ残らず番号を振り、必ず番号順に戻すようにします。また、キャビネットやデスクの引き出しまで、何が収納されているのか明記したシールを貼ります。まるで幼稚園のお約束事のようですが、これらのルールに沿って物の出し入れをするだけで作業効率が格段に上がります。どこに何があるのか分かりにくいオフィスは、欲しいものを探す過程で気づかぬうちにストレスが発生しているので、たったこれだけでも過ごしやすい仕事環境が作れるはずです。

東日本大震災後のオフィスレイアウト事例

今から4年前、東日本を襲った未曾有の大地震、東日本大震災は、未だ完全な復興も見えずたくさんの方が全国各地への避難生活を送っておられます。それまでのオフィスは、壁際に書庫等の什器を置き、中央部を広く空けて部署毎に机を寄せてグループを作るレイアウトが一般的であり、小規模の事務所では横2から3列の机を縦に数列、全員が同じ方向を向いて座っている処もありました。ところが震災後にオフィスレイアウトを大きく変えた会社の事例がありました。全員の机を出来るだけ壁際に並べ、什器を中央に集めて固定しました。最大の目的は、有事の際に社員の身体を護るスペースを確保する事ですが、社員同士の意思の疎通に支障を来すこともあるのではないでしょうか、幸いこの4年間、建物が崩壊するような大地震が発生しておらず、その効果を確認できませんが、そのような機会が二度と訪れることなく、無意味に終わることを祈ります。

オフィスレイアウト事例は、相談しやすい設定です。

オフィスレイアウト事例の中には、来客様を優先にした有人カウンターが必要になることもあります。相談室は窓側を優先して解放感があったほうが、暑さに対応出来たりして、風通しが良くなることがあります。書庫を収納するスぺースが必要になることがありますし、必要な時に見たい時には取りやすさが優先することが出来ますし、動線の良い巣配置をすることによって素晴らしい空間になるかもしれないです。デスクを二台並べて置くことによって、増員することが可能になるかもしれないです。家具も実際に展示している物を確認した上で、使われていますので高価な価値があるかもしれないです。色は、地味な感覚になっていますので明るさよりも静かな空間で会話をしたり出来るようになっていますから、気持ちよく対応出来たりすることが可能になっています。

モチベーションが高まるレイアウト、安らぎのある環境で業務効率もアップすることでしょう。 オフィス作りをトータルでプロデュースさせえていただきます。 お見積もりは無料、お気軽にご相談ください。 ニーズに合わせたご提案をし、特別料金で提供致します。 働きやすい環境を作り、過ごしやすいオフィスデザインを提案し、新しいオフィススタイルを提供する企業です。 オフィスレイアウトの事例はフロンティアコンサルティングへ